とこしえの夜

犬口マズルと申します ずっと夜が続きます

短歌

掲載10 Meets Regional 7月号

雑誌・Meets Regional 7月号 岡野大嗣と詠むレッツ短歌!に掲載いただきました。評もいただきました。 テーマ「耳」 耳たぶの硬さに捏ねるパンの生地誰の耳たぶなのか知らずに 【評】 確かに「誰の」なんだろう。あっさり提示される不確かさに、日常が小さく…

ネットプリント とこしえナイト・5月分

ネットプリント「とこしえナイト7」を発行しました。 現実のカレンダー上では6月ですが僕が5月だと思えば5月になるのです。 ここはそういう箱庭ですから。 ◇内容◇ ・自選 8首 ・犬の短歌 4首 ・夜の短歌 4首 ・日記・友人について 1首 ◇プリントについて◇ セ…

掲載9・読売歌壇

読売歌壇に掲載いただきました。 花火師のごと春土は咲き誇る花を見上げて眠りにつかむ 2022.05.23 読売歌壇 俵万智選 記録だと「春土は花火師のごと咲き誇る花を見上げて眠りにつかむ」になっているので俵さんが添削してくれたかもしれません。噂には聞いて…

習作短歌「泣けてくるだろ」

月曜が顔面を覗き込んでくる心もとない瞼の薄さ おはようは巨大な蜘蛛の形容で電車にギッとしがみついてる ずば抜けた清涼感の欲しさゆえ透明少女を駅に放った トラブルは望まないのにやって来て小指の血潮に運命を見る ため息をパワーコードで掻き鳴らすや…

掲載8・Meets Regional 6月号/余談

雑誌・Meets Regional 6月号 岡野大嗣と詠むレッツ短歌!に掲載いただきました。評もいただきました。 テーマ「嘘」 臓物を見ても逃げないつもりかよ包み隠さず話してなんて 【評】 嘘のモザイクで隠した閲覧注意のグロテスクな本音。見たいものだけ見ていた…

習作「休日の過ごし方」

アラームを叩き壊して悲しげな時計の鼓動止まる、すまない起き抜けに飲む錠剤で手に入れる少しばかりの健やかな生思い切り健康食を押し退けて痛み伴う食事は楽しチャパグリは愉快に辛い卵黄は涙のように落下してゆくアイロンを熱する時の陰鬱さしまい忘れた…

掲載7

読売歌壇に掲載していただきました。 評もいただきました。 そこここに春の気配が近づいて木琴ちゃかぽこ我が胸で鳴る/犬口マズル 2022.04.04 読売歌壇 3席 俵万智選 【評】 八木重吉の秋の「素朴な琴」を彷彿とさせる春の木琴である。 ウキウキした気分を伝…

ネットプリント とこしえナイト・3月分

ネットプリント「とこしえナイト5」を発行しました。 ◇内容◇ ・自選・自由詠 8首 ・犬の短歌 6首 ・夜の短歌 5首 ・日記の短歌 2首 ◇プリントについて◇ セブンイレブンのマルチコピーより印刷できます。 ネットプリントを選択→予約番号を入力→指示に従って…

引用していただきました

穂村弘さんのweb連載「本から顔をあげると、夜が」にて僕の短歌を引用していただきました。 大好きな音楽の歌詞に僕が住む街の名前があって、生きる 短歌くださいに掲載していただいたものになります。とても嬉しいです。穂村さんもザ・ファブルを読むんだな…

ネットプリント・とこしえナイト 2月分

ネットプリント「とこしえナイト3.9」を発行しました。 1月分の内容も若干載せているので3.9としています。 具合が悪いことを理由に1月分を休んでしまいました。 今年は健康になりたいです。 ◇内容◇ ・掲載された短歌+自選 9首 ・犬の短歌 6首 ・夜の短歌 …

笹井賞投稿作「はばないすでい!」

まんぼうが街を泳いで眠りではなく死に近づいてゆくプール 失った約束たちが身を投げる誰も悪くはないのだという ひとり、わたし、独り。深夜誰かの信号を待つ 一晩中電話を繋げ透過した身体を奪い返すまじない はばないすでいを綺麗な缶に詰め郵送します遠…

読売歌壇・年間賞をいただきました

読売歌壇で俵万智さん選の年間賞をいただきました。 誰一人マスクをしないまぼろしのトーキョーを見る映画館にて 【評】 コロナ以前に撮られた映画なのだろう。かつてはごく当たり前だった光景が、今ではまぼろしとなってしまった。トーキョーという表現が、…

掲載6

雑誌・Meets Regional 2月号 岡野大嗣と詠むレッツ短歌!に掲載いただきました。評もいただきました。 テーマ「願い」 死んだ虫の脚に似ているしっかりと組んだ両指から目を逸らす 【評】 心底の願いはときにグロテスク。 「死んだ虫の脚」の見立てが、情に…

ネットプリント・とこしえナイト 12月分

何もしていないのに今年が終わってしまいます。 何もしていないはずなのに多忙で、危うく2回目で頓挫するところでした。 ネットプリント「とこしえナイト」を発行しました。 ◇内容◇ ・前月に掲載された短歌+自選 7首 ・犬の短歌 5首 ・夜の短歌 5首 ・…

連作・スーパースター

テレビから火花が散って'94加速度的なタイムスリップ 27クラブを超えたあとあなたは28で出会った TheJamもTheClashもTheWhoもTheDamnedもDr.Feelgoodも!! やまなくてマラカスの音幻聴のように鼓膜の奥で響いて おそろいのスーツで臨むステージが遠すぎるのに…

掲載5 /感想

読売歌壇に掲載していただきました。評もいただきました。風の冷たさが愛しいこの世界で最も正しく僕に冷たい/犬口マズル2021.12.14 読売歌壇 2席 俵万智選【評】この世界には、理不尽な冷たさがたくさんある。社会や人間の冷たさに比べれば、風の冷たさは理…

ネットプリントを作りました

こんばんは。犬口です。 秋も深まり、いよいよ冬が近づいて来る時期となって参りました。 日に日に寒さが増してきますので耳をしまって眠っています。 「とこしえナイト」というネットプリントを作りました。 ◇内容◇ ・前月に掲載された短歌+自選 7首 ・犬…

掲載3

読売歌壇に掲載していただきました。評もいただきました。掛け違えた方のボタンが運命ですこしずれてる二人で生きる2021.11.16 読売歌壇 1席 俵万智選 【評】どんぴしゃ運命の人なんて、むしろ嘘くさいのかもしれない。ずれさえ運命だと思う前向きさ。「ボタ…

連作・犬とラプソディ

Where are you going?我を見下ろせりケルベロス地獄までも共に階段の上で笑っておかえりの代わりに見せてくれる白い歯植物を愛でて歩いて周回が遅れて帰り着くかがり火台風の子供走って全身に金色背負って導いてゆくおしまいと言えばスンスン座り込みごちそ…

連作・夜に飛び乗って

【夜に飛び乗って】上昇する気圧の背中に飛び乗ってどうにか落下しないように眠ったうまかったホットドッグを食べたくて何度も何度も夢に向かうよ旦那さんかわいいすねー心にもないことを言い地獄は近いアルコール辞めれぬ父の血を止めてみたくて俺の脈を押…